【6年ぶりの快挙】福岡航太郎先生がU20世界戦準優勝

道場ニュース

【6年ぶりの快挙】福岡航太郎先生がU20世界戦準優勝

20歳以下の選手を対象にした世界戦、第9回グロービス杯本戦が6月5日に開催され、洪道場出身の福岡航太郎三段が準優勝を収めました。
日本人選手が決勝まで進むのは6年ぶりです。(ちなみに第1回グロービス杯では一力遼先生が優勝)

後のYouTubeの自戦解説で「中韓の選手はヨミが早く形勢判断が強い。その中で決勝に上がれたことはほんの少し自信につながった。」とお話されていました。
準決勝では中国の新人王・周泓余六段に勝利し、決勝戦で2連覇のかかった王星昊七段に惜しくも破れ準優勝。

引用:日本棋院

「グロービス杯世界囲碁U-20」とは?・・・
株式会社グロービス主催の「日本で唯一開催される世界棋戦」(現在はオンライン)。年齢制限20歳以下。総勢16名でリーグ戦を行い、上位8名の本戦トーナメントで優勝を争う。1手30秒、1分10回、優勝賞金150万円。日本代表決定戦は34名で繰り広げ、勝ち上がった代表選手は福岡航太郎三段の他に、辻篤仁三段、西村仁初段、渡辺寛大二段、徐文燕初段、森智咲初段。

ライブ中継や自戦解説

柳時熏先生がご自身のYouTubeチャンネルで準決勝をライブ解説されていました。
棋譜だけ見ても難しいという方にぴったりです。

日本棋院のチャンネルでは日本代表の選手たちが自局を振り返り、感想を残しています。
対局中の思考がわからない分、その時何を考えていたのか教えてくださるのは貴重な機会です。

第9回グロービス杯世界囲碁U-20 自戦解説

チャット欄では「大健闘お疲れさまでした!」「世界戦、次戦もがんばってください」と温かいコメントで溢れています。

もちろん週刊碁にも

週刊碁でもしっかり大見出しです!

まとめ

20歳以下の選手を対象にした世界戦、第9回グロービス杯本戦が6月5日に開催され、洪道場出身の福岡航太郎三段が準優勝を収めました!

この先の成長も楽しみで仕方ありません。
がんばってください!